知財コラム

「宇宙の果てまで」

「宇宙の果てまで行けるでぃ~」
その言葉を聞いて、どかーんと笑ったのは、阪神高速・大阪空港料金所でのことでした。
当時まだ ETC 車載器をつけていない新車で、カーナビもなく、不案内の場所に行く不安な私が質問した「すみません、どこまで行けますか」の回答です。乗り口で料金を払えば、どこまでも行けるということなのでしょうか、でも宇宙の果てまでは無理でしょう。さすが大阪、笑いが大好きな私は大喜びでした。
宇宙といえば、衣料品通販大手 ZOZO 創業者の前澤友作氏の宇宙旅行が思い浮かびます。日本の民間人として初めて「国際宇宙ステーション」(ISS)に滞在したことは多くのメディアに取り上げられました。国際宇宙ステーションは、地上400km に浮かぶ、なんとサッカー場ほどの大きさだそうです。そこに滞在中、前澤さんは様々な実験をされ、その様子は動画配信サイトで見ることができます。
12日間の宇宙旅行を終えて無事帰還された前澤さん、次の夢を聞かれると「月に行くことです」と即答。米国の宇宙ベンチャー「スペース X」と契約し、2023年に予定する民間人初の月周回飛行プロジェクト「dear Moon」を見据えていらっしゃるそうです。このプロジェクト、前澤さんと、招待された民間人クルー8名が、超大型ロケット「Starship」に乗って月を周回するという壮大な計画とのこと。夢のような話ですが、実際に成し遂げそうで、とてもワクワクします。
ただ、、、なんと月までは、地球に最も接近するときで 36 万 km、、、これは地球を約9周、気の遠くなるような距離です。
一昔前、阪神高速で宇宙船になった私の愛車はいまだに現役、走行距離は、もう少しで 30 万 km です。ひょっとすると、前澤さんより早く、月への道のりを走破するかもしれません。ささやかな楽しみになりました。

(日本弁理士会中国会 弁理士 舩曵 崇章)

バックナンバー

知財コラムの一覧に戻る