知財コラム

「日本弁理士会中国会について」

4月1日より令和4年度、日本弁理士会中国会の会長に就任いたしました舩曵です。年度始めですので、簡単に日本弁理士会中国会についてご紹介させていただきます。
日本弁理士会中国会は、日本弁理士会に属する9つの地域会のうちの1つです。広島県、岡山県、山口県、島根県及び鳥取県の中国地方5県で活動する約150名の弁理士が所属し、中国会室は広島市に設置されています。
弁理士は、特許・商標・意匠等の知的財産の保護と活用に関する専門家であり、出願・権利化の手続き等を通じて企業活動を支援しております。
日本弁理士会中国会は、これまでも各種イベント、セミナー等を通じて知財の普及、企業等の支援活動を行なってまいりました。ここ数年はコロナ禍ということもあり、なかなか思うように活動ができておりませんが、本年度も可能な範囲で、イベント、知財セミナー、関係団体・他の士業団体等と連携しての知財の普及、企業などの支援活動を行なっていく予定です。また、これまでと同様に、中国会室(広島市)において毎週水曜日に無料相談会を開催し、中小企業や個人事業主の方々からの知的財産に関する相談に応じておりますのでぜひご利用下さい。
日本弁理士会中国会は、弁理士の専門性を活かした活動を通じて、中国地方経済の事業活動・活性化を支援する所存ですので、従来と変わらずご協力・ご支援を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

(日本弁理士会中国会 弁理士 舩曵 崇章)

バックナンバー

知財コラムの一覧に戻る